サリンジャー生誕100周年
伝説を生んだ作家サリンジャーの謎に満ちた半生と、
名作誕生にまつわる真実の物語

「ライ麦畑でつかまえて」――
 全世界累計6500万部突破、世界中の若者に衝撃を与え、愛され、無数のフォロワーを生み出してきた20世紀のベストセラー。 大人社会の欺瞞をからかい、純粋無垢なるものを求める16歳の主人公ホールデンの姿は、時代や国境をこえて読者の共感を呼んできた。日本にも熱烈な支持者が多く、村上春樹による新訳がさらなるファンを獲得したことは記憶に新しい。発売されるや否やアメリカ文学の常識を覆したこの小説はまた、教育委員会のボイコットを受け、さらに80年代にはジョン・レノン暗殺犯やレーガン大統領暗殺未遂犯の愛読書だったというセンセーショナルな報道によってもアメリカ社会を揺るがしてきた。
 だが作品が社会現象となる一方で、作者J. D. サリンジャーの生涯は長年、謎に包まれたままだった。何が彼を創作に駆り立てたのか? あのみずみずしい文体はいかにして生まれたのか? そして何故、人気絶頂の中で表舞台から姿を消したのか? 生誕100周年を迎える今、その生前は本人の意思によって語ることが一切許されなかった作家の謎に満ちた半生と名作誕生前夜の真実が、ついに明かされる。

若者を魅了し、時代を狂わせた天才作家。
彼は何故、人気絶頂の中で姿を消したのか?

 1939年の華やかなニューヨーク。作家を志す20歳のサリンジャーは編集者バーネットのアドバイスのもと短編を書き始め、その一方で劇作家ユージン・オニールの娘ウーナと恋に落ち、青春を謳歌していた。だが第二次大戦勃発とともに入隊し、戦争の最前線での地獄を経験することになる。終戦後、苦しみながら完成させた初長編小説「ライ麦畑でつかまえて」は発売と同時にベストセラーとなり、サリンジャーは一躍天才作家としてスターダムに押し上げられた。しかし彼は次第に世間の狂騒に背を向けるようになる…。
 映画はサリンジャーの作家としての出発から表舞台を去るまでにスポットを当て、マンハッタン社交界での恋愛関係、作家としての才能を引き出してくれた編集者との出会い、味方の8割強が犠牲になった戦闘で生きて戻ることができた経験、戦争のトラウマや周囲の人々の無理解に傷つきながらもホールデン・コールフィールドの物語を書き続けたその執念、そして賛否両論を巻き起こしながら一大ベストセラーとなった小説の成功・・・まさに物語以上にドラマチックな数々の実話を明らかにする。

若き実力派俳優、ニコラス・ホルトの渾身の演技
アカデミー賞受賞のキャスト・スタッフが集結

 サリンジャーの半生の映画化という、誰もが熱望していたこの物語を実現するために実力派のキャストとスタッフが顔を揃えた。
 サリンジャーを演じるのは、ヒュー・グラント主演『アバウト・ア・ボーイ』の子役で映画デビューを飾り『マッドマックス 怒りのデスロード』『X-MEN』シリーズへの出演からモード界の帝王トム・フォードのキャンペーンモデルまで幅広く活躍するニコラス・ホルト。内に強烈な個性と孤独を抱えた青年を体現する。
 サリンジャーの才能を見出す編集者ウィット・バーネットに、二度のアカデミー賞受賞のケヴィン・スペイシー。作家のキャリアを支えたエージェント役に『キャロル』『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』のサラ・ポールソン。
 メガホンを取ったのは『大統領の執事の涙』『ハンガー・ゲーム FINAL』二部作の脚本などで知られるダニー・ストロング。評伝「サリンジャー 生涯91年の真実」の映画化権を自ら取得し、『ラ・ラ・ランド』他アカデミー賞作品賞の製作陣とともに心揺さぶる実話ドラマを作り上げた。他、『今宵、フィッツジェラルド劇場で』のディナ・ゴールドマンによる美術や『タイタニック』でアカデミー賞を受賞したデボラ・L・スコットの衣裳などが、20世紀半ばのきらびやかなニューヨークを再現する。

 1939年ニューヨーク。大学中退を繰り返していた20歳のジェリーことジェローム・デイヴィッド・サリンジャーは、家業の食品輸入業を継がせようとする父に反発し、コロンビア大学の創作文芸コースを受講する。
 そこでは文芸誌「ストーリー」編集長でもあるウィット・バーネット教授が、作家志望の学生たちに己の“声”を物語にすることの重要さを教えていた。

「君に生涯をかけて物語を語る意思はあるか?」
 バーネットにそう訊かれたジェリーは、短編「若者たち」を完成させ出版社に持ち込むが、ことごとく掲載を断られる。しかし最終的に作品は「ストーリー」に採用され、ジェリーは作家としての第一歩を踏み出す。

 そんなある日、ジェリーは劇作家ユージン・オニールの娘、ウーナに出会い、一目惚れする。奔放なウーナに振り回されながら、マンハッタンの社交界に出入りして恋愛を楽しむジェリー。一方、作家としては短編小説を出版社に売り込むものの不採用が続く。

 やがて自分の分身ともいえるホールデン・コールフィールドを主人公にした短編「マディソン・アヴェニューのはずれでのささいな抵抗」が権威ある「ニューヨーカー」誌に掲載されることが決まるが、その矢先に太平洋戦争が勃発。内容が戦時下にふさわしくないという理由で掲載は延期になり、翌1942年、ジェリーは陸軍に入隊する。バーネットはジェリーに「生きて、ホールデンの物語を書き続けろ」と励ますのだった。

 防諜部員としてヨーロッパに送られたジェリーは、空き時間を見つけては執筆を続けた。戦争が終わったら結婚するつもりでいたウーナがチャーリー・チャップリンと結婚したという衝撃的な知らせや、日々激しくなる戦況に神経をすり減らされる中、書くことだけが心の支えになっていった。

 しかし、ノルマンディー上陸作戦やその後の戦闘で多数の仲間を失い、さらにナチスの強制収容所の惨状を目の当たりにしたジェリーは力尽き、ドイツで入院する。

 1946年。ジェリーはバーネットのもとで選集を出版するためアメリカに帰国するが計画は頓挫し、ジェリーはバーネットに絶交を言い渡す。やがて戦場のフラッシュバックに苦しめられながらも完成させた長編「ライ麦畑でつかまえて」は、それまでのアメリカ文学とは全く異なる斬新な語り口を持ち、文壇に賛否両論を巻き起す。

 そして発売後直ちに読者の大反響を読んでベストセラーとなる。一躍時の人となったジェリーだが、次第にマスコミやファンの狂騒に背を向けるようになり…。